ベッドフレームに使われている木材の特徴をチェック

基本的な木材の種類と特徴を把握!ベッドフレーム選びのヒント

ベッドフレームに使われている木材の特徴をチェック

ベッド

オークの特徴

ならの木を使うことで知られているのが、オークです。硬い木材なので、ベッドフレームとしては適しています。基本的にオークの使用用途は幅広く、床材などにも良く使われているのです。ウィスキーの樽に使われていることでも有名でしょう。硬くて上部なことから、傷が付きにくい特徴を持っています。頑丈なベッドフレームが欲しい人には、オークがピッタリだといえるでしょう。長持ちするベッドが手に入るのです。ベッドを大切に扱いたいと思っている人は、オークをチョイスしましょう。

桐の特徴

桐の特徴として挙げられるのが、湿気に強いことです。雨が多く、湿気に強い木材を探している人に人気が高いとされています。桐のベッドフレームは湿気に強いため、変形しにくいでしょう。また、湿気を吸収する性質があり、湿度を調整してくれる木材としても活用できるのです。さらに、ベッドフレームだけではなく、床材にも桐を使うことが可能でしょう。より高い調湿効果を期待することができるのです。また、光沢が独特なのも印象的でしょう。より個性を強調することが可能です。

ヒノキの特徴

建材としても利用されることが多い木材がヒノキです。高級な木材として扱われていた歴史もあります。特徴としては、加工のしやすさが挙げられるでしょう。とても柔らかい素材であるため、形を自由自在に変えることができます。また、木材特有の温かみを感じさせる見た目をしており、木造住宅との相性がとても良いのです。ベッドフレームとして使用しても、落ち着いた雰囲気を演出することができるでしょう。また、赤みがかったピンク色をしています。複雑な木目を楽しみたい人に愛されている木材です。

広告募集中